HOME » ABOUT

ABOUT

“お客さまと想いを共有し一緒に創り上げていく”
イエローブリックロードスタジオのビジネス方針です

琵琶湖を望む豊かな自然環境に包まれた滋賀県大津市を拠点に「滋賀、京都、大阪、東京」の広告代理店様や制作会社様の外部制作パートナーとして活躍いたしております。
フリーランスである強みをいかしてご予算・スケジュールに臨機応変に対応いたします。
貴社のWeb制作業務の外注はイエローブリックロードスタジオにお任せください。

一般の個人様のサイト制作、企業様サイト制作、更新管理など直接のご依頼も承っております。

出逢いに感謝、夢を形にするお手伝い「イエローブリックロードスタジオ」にお任せください。

イエローブリックロードとは…

オズの魔法使いに出て来る「黄色いレンガ道」のことです。

主人公ドロシーと愛犬トトは、エメラルド・シティを目指し「黄色いレンガ道」を進みます。
途中「脳のない案山子」「鍛治屋が心を入れ忘れたブリキの木こり」「臆病なライオン」と出会い一緒に冒険の旅に出ます。

エメラルド・シティまでの道中、ドロシーたちに様々な困難が降りかかりますが、みんなで力を合わせて乗り越えていきます。

脳のない案山子は困難を切りぬけようと頭を使い、心のないブリキの人形はドロシーの運命に涙を流し、臆病なライオンは危険に立ち向かいました…

そうです彼らは、自分にはないと思い込んでいた「頭脳」「心」「勇気」実は最初からしっかりと持っていたんです。
冒険によってそれらを得たのではなく、冒険によって元々持っていた能力を知ったのです。

イエローブリックロードスタジオはこの「黄色いレンガ道」にちなんで付けました。
オズのストーリーのように素晴らしい仲間たちとの出逢いを大切にし、お客様やパートナー様と一緒にお互いのゴールを目指して困難を乗り越え、お互いの能力に気付き、よりクリエイティブで素晴らしいものを生み出していければと思っております。

さあ、一緒にイエローブリックロードを進みましょう!

出逢いに感謝、夢を叶えるお手伝い

私の夢は映画を撮ること

ある日、物置を整理していると小学校の時の卒業文集が出てきました。

そこには「将来の夢」なるものが書かれてあり、なんと私の夢は恐れ多くも「ジョージ・ルーカスのような映画監督になる」という小学生にしてピンポイントでマニアックなものでした!

長い年月の流れと日々の現実生活に追われてそんな夢はいつしか完全に忘却の彼方へ「そんな壮大な夢を持っていた時代が自分にもあったんだなぁ」と懐かしい想い出に感慨にふけっておりました…

んっ!ちょっと待った!そんな大それた夢は当然無理なのはいいとして、そもそも自分は今までに夢に向けて何か一つでも具体的に行動を起こしただろうか?一度きりの人生、やって失敗するのは全然OKだけど、何もやらないのはきっと後悔するはず…

よし!今からでも遅くはない、少しづつでもやれることろまでやってみよう!と一念発起。

そして長年のサラリーマン生活にピリオドを打ち、映画が撮れる環境を作ろうとフリーランスとして独立いたしました。もちろん何の経験もありませんので仕事と しては出来るはずもありません。あくまでも映画を撮るのが私の夢、Web制作を本業に生計を立て、空いた時間にでも映画や映像、撮影の勉強をしようという 何の根拠もない安易な計画でしたが…

月日は流れ、
地道に努力した結果…

なんとシネマジャンクション2015にノミネートされ、横浜で開催された授賞式に出席してまいりました!
シネマジャンクションは、アクション映画ジャンルに特化したインディーズ映画コンペです。
私の自主製作映画作品「SAPPHIRE」は前半部分を20分のダイジェスト版として出品し、作品としては完成していない状態でしたが、ありがたくも『編集賞』を受賞させていただきました。
ライブやドキュメンタリー映像などは撮ったことはありましたが、本格的なストーリーのある映画として監督をするのは初めてです。
初作品、初コンペでノミネート、受賞までいただき本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

http://www.cinejunc.asia/

しかもプレゼンターは尊敬する世界の押井守監督!
ガンアクションの表現に、本当に厳しい目をお持ちの監督です。

押井監督直々に賞をいただき、大変有難いお言葉を頂戴いたしました。
編集の技術、センスをお褒めいただいたこと、ガンアクションの描写、表現のこだわり、映像のセンスなど評価いただき本当に頑張ってきてよかったと感激いたしております。
あたたかい大きな手で力強い握手をいただき、熱いものがこみ上げてまいりました。

そのほか、佐藤監督、きうちかずひろ監督、加藤プロデューサーにもお一人お一人、心のこもった誠に光栄なコメントをいただきました。

あとで、お聞きしたのですが、押井監督が私の作品を大変評価いただいていたそうで、グランプリの最終選考でかなり押していただいていたということでした。
本当にこの上ない感謝の気持ちでいっぱいになり、作品の完成に向けてより一層完成度を高め、目一杯頑張ろうと強く決意いたしました。
作品が完成いたしましたら是非次回もエントリーして、審査員の監督の皆様に成長を見ていただきたいと思います。

二次会では、エントリー作品の監督さんたちと交流し、素晴らしい映画への情熱に大変影響を受けました。

また佐藤監督にGANTZの撮影時のお話を聞かせていただきました。
私が気になるシーンの撮影舞台裏を一つ一つ丁寧に教えてくださいました。

http://sapphire-movie.com/

https://www.facebook.com/sapphiremovie/

本当に貴重な体験をさせていただきました。
この素晴らしい経験は、作品完成へ向けての大きな原動力となりました。

そして、また新たなる次の作品へ、次のステージへ向けてステップアップを決意いたしました。

応援いただきました皆様、本当にありがとうございました。

こうして多くの人の支えがあって夢を叶えることができ素晴らしい出会いに感謝しています。

今度は私と同じように夢に向かって歩んでおられる方の夢を叶えるお手伝いをしたい!

一緒にイエローブリックロードを進んで、虹の彼方へ向かいませんか!

CONTACT

お気軽にお問い合わせください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

メッセージ本文

画像認証
captcha